父の日特集 父の日応援クーポン配布中 クーポンコード「OTOUSANARIGATOU」

徳永榮二郎について

私は10年間京都で土物を学び家業を継ぐべく有田に帰って来ました。
有田は400年続く伝統ある白磁の町です。
私の家も慶応元年(1865年)創業の窯元で代々白磁を主流とした器を作ってきました。
しかし京都で学ぶ中で土の世界に魅了され、日に日に土物の作陶への思いが強くなり、この道を選びました。
有田の町も歴史をたどれば陶器を作っていたと記されています。
私は有田焼の原点である土物にこだわり、土に思いを込め、世界に一つしかない物づくりへ日々情熱を傾けています。
<陶歴>
1977年 佐賀県有田町生まれ
1996年 佐賀県立有田工業高校卒業(窯業科)
2000年 京都嵯峨美術大学卒業(陶芸コース)
2000年 京都市東山区泉涌寺 株式会社 森俊山(森俊二)師事
2004年 京都市陶工訓練校卒業(成型科)
2004年 京都市綴喜郡井手町 陶房 弥三郎(北川宏幸)師事
2005年 (株)徳幸窯のロクロ師となる
2008年 東京 日本橋髙島屋にて個展を開催 以後毎年開催
2009年 新宿髙島屋にて個展を開催
2013年 佐賀大学プロジェクト「ひと・もの作り唐津」プロジェクト修了
2014年 佐賀県プロユースプロジェクト NEW ARITA 400 (educe)参加
2018年 シンガポール HULS Gallery Singaporeにて個展開催以後隔年開催
2020年 東京赤坂『徳永榮二郎 作品展』 HULS Gallery Tokyoにて開催

Access アクセス

店舗情報やアクセスなどにご活用ください